高級腕時計は子供を育てるように大事に行なう

Repair Service

高級ブランドの一つ

壊れたロレックスのオーバーホールはこちらに任せましょう。修理を専門で行なっているので、信頼して作業を任せられます。

知っておくと得するポイント

今回は、オメガという高級時計ブランドの時計のオーバーホールの話です。そもそも、オーバーホールって何というお話からしていきたいと思います。時計内部には、たくさんの部品が使われておりその1つ1つが組み合わされ時を刻むわけですが金属同士が接している部分にはオイルなどが塗られており、使い続ける間にオイルですから蒸発したり、汚れたりします。そのオイルが付いている部品を分解してきれいにし、きれいなオイルを塗り組み直すという作業です。 あともう1つは、防水機能がある時計では防水部分のシール剤の交換です。いくら密閉されている内部にも湿気は侵入します。湿気や埃で劣化するんですね。いつまでも完璧に防水に耐えられるわけではないんです。 最後に、時計によっては壊れている部品もありますから新しい部品に交換されます。 料金については、お願いするお店にもよりますのではっきり言えませんが3万円〜5万円くらいでしょうか。クロノグラフなど針が多く内部が複雑な時計に関しては高いようです。 ですが、必ず定期的にしないと壊れるかと言うとそうではありません。ただ、高価な物を購入したわけですから大事に使っていきたいものです。ポイントとしては、定期的にオーバーホールしていれば大きな修理は必要なく高額にならずに済むということです。

現在のオメガのオーバーホール事情

オメガのオーバーホールについてのお話ですが、最近の流れはというお話です。 オーバーホールを出すお店によって違いますが、今はただオーバーホールをして返すだけではなく「新品仕上げ」という作業を頼むと有料でしてくれるそうです。 私も聞いた話なんですが、時計のガラス面や文字盤の回り、ベルトやバックルなどの部分をポリッシュ(磨き)作業をして新品の時のようなピカピカの状態にします。磨くといっても、時計がすりへって形が変形するような事は無いようです。 どうしても、使っていると文字盤のまわりのタキメーターの数字の所など小さなキズが付いてベルトのバックル部分もどうしても下側なのでぶつかってキズがつきます。そんな、小さなキズが表面を薄く磨くだけでキズも消えるそうです。 私もオメガではありませんが、オーバーホールに出した事がありますが、洗浄してもらうだけでも輝き具合が前よりピカピカで愛着が増したのをおぼえています。その上、磨き作業でキズも消え新品に近い輝きに戻るのであれば絶対にしたいですね。 これでまた、永く、そして愛着の湧く男のアイテムとしてオメガを使っていけますね。

寿命を知る

時計はとても高級なものであれば精密に作られており、また丈夫に製造されていますので、高級なものほど寿命が長いです。オーバーホールをしているとより長持ちさせることができます。

詳細を確認する

身に付ける物

腕に身につけて外で持ちあるくものなので、時計には定期的なメンテナンスが必要です。外についた皮脂や汚れを取ることももちろんですが、内部のメンテナンスはオーバーホールで行います。

詳細を確認する

メンテナンスする

高級腕時計を所有するにあたって必要なのがオーバーホールと言えます。これは腕時計自体を実際に分解していき不具合がないかメンテナンスが出来ます。これをする事で腕時計の耐久性を上げ不具合をなくしていきます。

詳細を確認する

流行と作り変える

いくつかジュエリーを持っている人であれば一度は感じたことがあるはずですが、全てのデザインが流行に適しているというわけではないです。リフォームをするだけで生まれ変わることができます。

詳細を確認する

不具合がある

時計は歯車が組み合わさって動く機械なので、間に潤滑油が塗られています。その潤滑油は時間が立てば固まってしまい、動きが悪くなることもあるので、定期的なオーバーホールで油を挿し直しましょう。

詳細を確認する

関連リンク