高級腕時計は子供を育てるように大事に行なう

Repair Service

不具合がある

オーバーホールにかかる価格帯

時計は使い続けているうちに少しずつ不具合が表れてきます。大切なロレックスを永く使っていくために、オーバーホールは欠かせません。ではその価格帯はどうなっているのでしょうか。 ロレックスも種類によってオーバーホールにかかる値段が変わります。平均的な価格は5万円に届かない位ですが、作りが複雑になるとその分値段も上がります。高いものでは8万円ほどになる場合もあります。 これらは概算の金額であり、実際には分解をしてみた上で金額が決まります。ムーブメントの状態を見て、さらに詳しい金額がが決まるのです。 見積もりを出してもらう際に、一緒に作業工程も提示されます。その内容を見て、オーバーホールを依頼するかを最終決定していきましょう。

細かく作り込まれた時計ロレックス

ロレックスはその高級さの通り、内部が大変細かく作り込まれています。そのため、オーバーホールにも相応の時間を必要とするのが大きな特徴です。 ロレックスの場合、オーバーホールは正規代理店や時計修理店で引き受けてもらうことができます。通常のモデルの場合でも3〜4年に1度はオーバーホールをすることが推奨されています。またそれほど年数が経っていなくても、遅れや進みがあったらオーバーホールを依頼するのが良いでしょう。 預かった時計は分解をしてから調整をしていくため、時期と混み具合にもよりますが出来上がりまでは約1ヶ月程を見込んでおきましょう。 ロレックスの時計は耐久性や防水性に優れていると評判です。しかしそれらも、こまめなオーバーホールの成果でもあることを確認してくださいね。